甲賀市 市民協働事業提案制度対策事業

空き家活用による地域活性を目指したコミュニティの創造


全国的に空き家が増加し、空き家対策特別措置法が制定されるほどの社会問題となっています。

甲賀市内にも雨戸を閉ざした空き家が多数存在し、環境や治安の悪化が懸念されており、また、有効な地域資源が活用されていないことに歯がゆさを感じており、早急な対策が望まれています。

空き家の増加

中山間地域で空き家が増加し、防犯、景観上の課題を抱えている。

対策の強化

国においても、対策強化に取り組んでおり、空き家対策特別措置法が施工された。

人口減少

市内の空き家は1,300件余りあると推定されており、人口減少が進むにつれて、さらに増えることは間違いありません。


鹿深村塾では…


空き家の利用

地域の空き家を多世代交流やコミュニティの拠点として活用し、プラスの財産として活用する。

移住促進

地域の課題である空き家を官民一体となって解決する。

 

地域ブランドの向上

空き家対策の有効事例を作り市内各地へ広げることにより、甲賀市の地域ブランドを上げる。


甲賀市への移住者インタビュー


空き家店舗活用者 インタビュー


Facebookページはこちら


私たちの活動拠点


甲南町杉谷3577(杉谷新田公民館横)

赤い屋根の古民家

空き家活用モデルの築150年の古民家